ベビーパーク

ベビーパークに発達障害の子どもを通わせる意味はある?

最近は、発達障害という障害自体についても、芸能人が自分が発達障害であるとカミングアウトする人もいたり、テレビなどで取り上げられて放送されることが増えてきているので、正しい認知も徐々に広まってきています。

そんな中、自分の子どもが発達障害やグレーゾーンの診断を受けて、子どもの発達を促すような幼児教室を探しているというママさんも多いかもしれませんね。

幼児教室の中でも、全国的にも教室があるベビーパークって発達障害のある子にはどうなの?と気になっている人もいるのではないでしょうか。

ベビーパークってどんな幼児教室なの?

ベビーパークは、3歳までの叱らない育児を提唱している教室で、レッスンの中で様々なアクティビティを通して発達を促すようなカリキュラムが取り入れられています。

クラスにもよりますが、0歳であれば、月齢にあわせてその子の発達を促すような手先を使った取り組みや、身体を使った遊び、フラッシュカードやドッツカードを使った右脳教育などが行われます。

また、1歳以降のクラスであれば、新しく製作物やゲームなども加わったり、リトミックなども取り入れられています。

ベビーパークが他の幼児教室と大きく違っているところは、毎回のレッスンの最後にはマザーリングの時間が設けられているというところです。

マザーリングの時間では、日ごろ育児・子育てに悩んでいることを講師に相談し、アドバイスをもらうこともできる時間があり、他の幼児教室が、講師対子どもの教室であるのに対して、ベビーパークは唯一、講師対子ども+親という親子教室というような位置づけになっているのが特徴です。

母親が子供に対してどんな接し方をすればいいのかを学べる場所は今までありませんでした。

それがベビーパークのマザーリングの中で解決できるように、プロの講師からのアドバイスが受けられるので、母親が育児に対して前向きになれるようになりますよ。

子どもの早期療育の必要性は?

まだ幼いうちでは、自分の子どもが発達障害であることが断定されることも少なく、いわゆる、グレーゾーンと言われる人も今はすごく増えているようです。

ですが、早い時期から療育に取り組むことによって、子どもの発達を促したり、子どもが成長と同時に特性を理解して自分で対応し、環境に合わせていくといったこもできるようになることもできると言われています。

そんな中、ベビーパークの幼児教室を1つの選択肢にと考えている人もいることでしょう。

参考文献:厚生労働省政策レポートhttps://www.mhlw.go.jp/seisaku/17.html

ベビーパークは発達障害の子でも受け入れられているの?

ベビーパークが発達障害の子を受け入れていないといったことはありませんが、発達障害のある子にあわせたレッスンを行ってくれるというわけではありません。

そのため、お子様の特性によっては、他の子と一緒にレッスンを進めていくことができなかったり、その時間が苦痛に感じてしまう子もいるかもしれません。

ベビーパークは、幼児教室であって発達障害の子どものための療育機関ではないので、講師も発達障害の子どもに対してどこまで対応できるかどうかという点も疑問が残ります。

自分の子どもに合うかどうかは、ベビーパークの育児勉強会(1回)+体験レッスン(2回)を無料で受けることができるので、その3回の中で子供の様子を見ながら決めていくということはできるかもしれません。

ベビーパークは他の幼児教室に比べても、クラスが細かく月齢で分かれていて発達段階にあわせたクラスに入って発達を促すような様々なアクティビティができるので、子どもが楽しいと感じられるものであるのであれば、選択肢として考えてみてもいいかもしれません。

ただし、発達障害のある子どもによっては、ベビーパークのような早期教育を促していく幼児教室を受けることが危険性も無きにしも非ずですから、事前に医療機関や支援センターなどで専門家からアドバイスをもらうのが一番いいかと思います。

 

通常8,000円の授業が「0円」で受けられるキャンペーン中!

ベビーパークの「育児勉強会+通常授業2回分」=合計8,640円分のレッスンをなんと無料!で受けることができます。

さらには、今なら入室料が50パーセントOFFの特典つき!

無料体験レッスンだけでもかなりの勉強量になるので、お子様との今後の育児に活かせるヒントがいっぱいです。

今見てみると、2019年の幼児教室総合満足度のランキングで1位も獲得したようです。

こちらからの無料体験レッスン申し込みで、レッスン日の調整もしてもらうことができますよ。

無料体験レッスン内容を確認する