七田式

【七田式のフラッシュカードの弊害】実際に七田式に質問してみた結果

七田式のフラッシュカードが弊害があるのかどうか問題って気になりますよね!

幼少期の子どもは、見るものや聞くものをスポンジで水を吸い込むように吸収します。

だからこそ、私も実際に七田式の教室に通う時に、すごくすごく気になった事でもありました。

  • 幼少期にフラッシュカードによって右脳に刺激を与えられた子は、将来キレやすくなる子に育つ
  • 小学校くらいまでの成績の伸びはいいが、その後の成長は伸びるどころか衰える
  • 幼児期に行った右脳教育によって、いずれ子どもの頭がパンクして早くに勉強をしなくなる子が多い
  • 精神科医の間では警鐘を慣らす声が上がっている

これらのすべてはある1つのサイトで書かれていた記事です。

七田式のようなフラッシュカードを使って行う早期教育には問題がある!といった書き方をしてあって、実際に私も七田式の生徒になる前にこの記事を読んで衝撃を受けました。

入会する前に、まずはこのことを七田式の講師に体験レッスン終了後に、フラッシュカードによる弊害の事についてリアルに質問をぶつけてみました。

七田式におけるフラッシュカードってどういうものなの?

右脳教育のエキスパートとも呼ばれることのある七田式ですが、主にフラッシュカードによって子供の脳に刺激を与えるレッスンの時間が他の幼児教室よりも多いんです。

0.5秒の間に1回、絵カードをどんどん講師が絵の単語を読みあげながら、数十枚にわたって素早い速さでめくっていくというのを子どもの前で繰り返します。

身の回りの者の名前もあれば、動物などのものから、聖徳太子や織田信長…といった歴史上人物のカード、大人でも答えるのに難しい絵画の作家の名前など実に様々。

このフラッシュカードを子どもたちの前で続けることで、無意識に映像をそのまま写真のように記憶してしまうというようなものです。

カードの絵は一瞬しか見ることができないので、これを幼少期に行うことによって瞬時に記憶することができるようになっていきます。

七田式のフラッシュカードの弊害があるのか実際に講師に質問してみた結果

冒頭でもお伝えしたような子どもの成長に悪影響を及ぼすようなことがあるなら、子どもの習い事感覚で趣味的に七田に通うにしても恐ろしくて手を出せないと思ったので、実際に体験レッスンの中で質問してみました。

体験レッスンでは、すぐに通常レッスンの中に入って体験を受けさせてもらうのですが、レッスン終了後に、教室を管理されている教室長と思われる方がいらっしゃり、「レッスンはどうでしたか?何か質問がございますか?」と言って入ってこられる機会がありました。

その際に、実際にネット上のサイトで書かれていたような、

  • フラッシュカードによって子どもの頭がパンクし、早くから勉強を離脱してしまう子も多かったり、切れやすい子に育つというのは本当なのか
  • 早くから早期教育を行うことで、幼少期の成績の伸びは各段によくなるが、その後は勉強が嫌になり小学生になってくるとむしろ勉強をしなくなる子が多い
  • 精神科医などが早すぎる幼児教育について警鐘を鳴らしている

といったことがある1つのネットに書かれていたのですが本当ですか?と聞いてみたのですが、その返答はこうでした。

フラッシュカードの弊害については、よく質問を受けることでもあります。

同じようにネットに書かれた記事によってお子様への影響を心配し、実際に通われている生徒さんの中でも同じネットの記事を見つけて質問をされる方もいます。

でも、実際にその記事に書かれた内容で言われているようなことは起きていません。

七田式に通われてきた子どもがフラッシュカードによって切れやすい子に育つとか、頭がパンクして勉強をしなくなるといったような影響が出ているといったことは一切ありません。

私もよくそうした弊害については、質問をされることがあるので、私もその記事のウェブサイトを確認してみたのですが、その記事には何も引用や出典などの、何かを参考にして書いたというようなものが全くありませんでした。

通常、そういったフラッシュカードによって弊害が起きたというような記事を書くのであれば、何かしら論文など証拠となるような引用文献があってしかるべきです。

でも、そのウェブサイトにはそういったものが一切ありませんから、ご心配される必要はありません。

そのウェブサイト自体も芸能記事なども書いているようなものだったので真実を書いているものではないので、ご心配されなくても大丈夫です。

と、いった返答が返ってきました。

確かにその記事には、何かの検証をして結果が出たというような実験をしたわけでもないですし、引用元となるような論文などの記載も一切ありませんでした。

ここまではっきりとフラッシュカードの弊害についてはありませんと断言してくださったので、その後は実際に0歳児の娘と一緒に通うことに決めたのです。

まとめ

七田式のフラッシュカードの弊害はいろいろと言われているところはありますが、そういった弊害になるような検証結果が出るようなことはありません。

七田式とは違う考えの幼児教育を行っているようなところが書いたり、風評を流したりといったところはあるのかもしれませんし、心配しすぎてその時期しかできない大切な教育の機会を失わないようにはしたいですよね。

通常8,000円の授業が「0円」で受けられるキャンペーン中!

ベビーパークの「育児勉強会+通常授業2回分」=合計8,640円分のレッスンをなんと無料!で受けることができます。

さらには、今なら入室料が50パーセントOFFの特典つき!

無料体験レッスンだけでもかなりの勉強量になるので、お子様との今後の育児に活かせるヒントがいっぱいです。

今見てみると、2019年の幼児教室総合満足度のランキングで1位も獲得したようです。

こちらからの無料体験レッスン申し込みで、レッスン日の調整もしてもらうことができますよ。

無料体験レッスン内容を確認する